もりもりん

IWO-15

オブジェクト番号:IWO-15

ウィアードクラス:Animato

特別確保プロトコル:IWO-15の出現エリアには異能部隊トリが派遣されます。派遣された職員はIWO-15が消失するまでじゃんけんを行ってください。IWO-15がじゃんけんを拒否した場合は武力行使による排除が許可されます。武力行使は路地裏など人目につかない場所へと誘導して行ってください。IWO-15を目撃した人物にはカバーストーリー「キャラクターショー」を適用してください。
執筆者注:後日添付します
IWO-15

説明:IWO-15は身長約2メートルの異能生物です。木を擬人化したような外見をしており、全身がポリエステルの微細な毛に覆われています。全身のうち最も高い位置に右手がついており、その中央部には顔のような模様があります。右側部からは捕食口が伸びています。咽頭部は伸縮性が高く、直系100センチメートルの生物を丸呑みした結果が報告されています。IWO-15は五感を持っているような動きを見せますが、感覚器官の存在は確認されていません。

IWO-15は「もりもりん」と名乗り、自身をイバラシティの自然が大好きな木の男の子と称します。
IWO-15はイバラシティ内のショッピングモールや自然豊かとされる場所に不定期に出現し、接触した人間に自然保護を呼びかけます。左手でじゃんけんを行うことができ、じゃんけんで負けた場合は相手にIWO-15自身の姿が印刷された紙シール(以下、IWO-15-1)を渡します。IWO-15が出現した際に持っているIWO-15-1の枚数には限りがあり、すべてなくなるとIWO-15はその場を立ち去り、消失します。IWO-15-1に特異性は確認されていません。

IWO-15の目の前で不法投棄や自然破壊を行ったり、危害を加えたり、IWO-15の攻撃行動を目撃する存在がいた場合、IWO-15は対象を「ゴミ」と認識し攻撃性を発揮します。IWO-15は「ゴミ」を人目の少ない場所に誘導あるいは拉致したのち、右手で握りつぶす、左手で殴る、捕食口で丸呑みにするなどの方法で排除しようと試みます。IWO-15は毒や深い傷を受けるとその場で消失します。

IWO-15の確保は過去に数回試みられていますが、全て失敗しています。

IWO-15確保試行記録


補遺


  • 最終更新:2019-02-09 20:03:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード